SFC修行 2017 SYD路線考察(テスト配信)

こんばんは(/・ω・)/

ちょっとお試しでハテナを使ってみます。

 

まずはテストでSFC修行の過去記事20170203です。

 

f:id:trraison:20170816015343j:plain

 

とうじょうと入力すると
登場より先に搭乗が出てしまいます。

・・・修行僧の性でしょうか(笑)

さて、夜な夜なSYD路線の
4月以降の研究をしていたわけなのですが・・・。

これってアリorナシなフライトの考察です。

HND-SYD プレミアムエコノミー
金曜日22:10~翌8:30
搭乗クラスE(100%+400) 7694PP

SYD-AKL ニュージーランド航空
搭乗クラスB(100%) 1342PP
オークランド宿泊(滞在約24時間)

AKL-SYD ニュージーランド航空
搭乗クラスB(100%) 1342PP

SYD-HND プレミアムエコノミー
日曜日20:55~翌5:25
搭乗クラスE(100%+400) 7694PP

ニュージーランド航空運賃別積算率(ANA公式)
合計18072PP
費用168770円
単価9.33

 

これに国際線国内区間を付けるので
PPが増えるのでもう少し単価は下がります。

サンプルとしていくつか計算してみます

 

千歳空港
18072+2040=20112PP
179350円

 

中部国際空港

18072+772=18844PP
169970円(国際線国内区間0円)
単価9.02

 

伊丹空港
18072+1120=19192PP
169350円(国際線国内区間0円)
単価8.82

岩国空港
18072+1828=19900PP
179350円
単価9.01

福岡空港
18072+2268=20340PP
179350円
単価8.81

那覇空港
18072+3936=22008PP
179350円
単価8.15

 

と、いうことでさすがの那覇便!

22000PPを超えて単価8ちょいとは( *´艸`)

 

<要点>

金曜日の夜出発便で翌朝シドニー
日曜日の夜出発便で翌朝羽田着
4日間(実質3日間)の旅程で獲得PPが高い
単価もまずまずで2か国訪問できる

<注意点>

プレミアムエコノミー搭乗クラスEは払戻しができない
NZL航空は便によってはSとなるものがある(積算対象外)
オーストラリアの滞在時間はあまり無い

<検討課題>

お勤めの皆さん(私を含めて)は
最低金曜日午後と月曜日午前の休暇届が受理されるか(笑)

現実的にはお勤めの方は
お住いの地域に戻ってすぐ出社だとは思いますが。。。


私はもちろんそうですよ。。。
そもそもGWあるのに休み取れるのか・・・。

まぁ、時期と金額を見計らってですね♪


以上、変則SYDタッチの考察でした\(^o^)/



 

 

  

 【雑感】

 この辺の旅程だと1人じゃアレだよね(。・ε・。)