SFC修行 3本目 考察

3本目の旅程を決める際に

ここまでのフライトで得たPPを振り返ります。

 



ここまでで29433PPです。

50000PPに対して約59%の達成率。

本来ならこの2本でブロンズ(30000PP)を達成している予定でした。

 

計算間違いをしたというよりも

国際線国内区間の出発地の選択でやむをえずといったところです。

 

プラチナになるまで残り20667PPです。

できるだけ本数を少なくするためにはできる限り遠距離路線。

しかしながら1発で20000PP超えを目指すとなると路線は限られます。

 

確実に10000PP級を2本にするか

ギャンブル含みで20000PPを1本釣りするか・・・・。

もちろん日程に余裕があれば(本数を増やせるならば)国内線で良いと思います。

 

 

以前こんな記事を書いたのですが

ANAとニュージーランド航空の併せ技で

国際線国内区間も含めて一撃20000PP超えの単価10以下。

 

これでは少しレベルが高いということで

シドニーに片道沖縄線をつけたハーフOKA-SYDタッチ系プラン。

 

 

HIJ-HND-SYD-HND-OKA-IWK

 

ギャンブル含みではありますが

これをやってみようという結論に達しました。

 

HIJ-HND  828PP (4)

HND-SYD 7694PP (E)

SYD-HND 7694PP (E)

HND-OKA 1968PP (4)

OKA-IWK 1935PP (2) ※別予約

※獲得PP横のカッコ内は搭乗クラスまたは運賃種別

 

獲得予定は20119PP

目標は20667PPで差し引き548PPの不足。

 

一撃で達成するにはほんの僅か足りません。

国内区間をプレミアムクラスにするのが最善の策ですが

これは当日空きがないとできないのでココがギャンブルの要素です。